banner

離婚のお金トラブルを避けるためには相談を

離婚問題にはさまざまなものがありますが、その中でも一番重要なものは、お金に関する問題です。
例えば、専業主婦の方の場合は、別れた後に経済的負担が大きくなることが考えられます。
夫婦は、離婚協議中であっても収入の少ない相手を扶養する義務があるため、奥さんが専業主婦であった場合は、旦那さんは奥さんに生活費を渡さなければなりません。
また、二人の間に未成年の子供がいる場合、どちらが子供の親権を持つかを話し合う必要もありますが、子供を育てるのに必要な費用(養育費)についても、きちんと話し合う必要があるでしょう。
養育費は、子供を引き取っていない方が費用を負担する決まりがあります。
例えば、母親が子供を引き取ることになったなら、父親が養育費を負担しなければなりません。
「子供を引き取って世話をするわけではないから関係ない」ではすまされないのです。
さらに、家庭によっていつまで養育費を援助するかは異なるため、このことも話し合いが必要となるでしょう。
このように、離婚とお金の問題は切り離すことができません。
お互いが納得するまで話し合いをしなければ、後にトラブルが発生することもあります。
困ったことや意見の食い違いがあった場合は有耶無耶にせず、弁護士に相談してきちんと解決しましょう。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.mananara.net/?man=2